2015/10/26  梱包管理士技術認定講座の案内、及び各名簿一覧を更新しました。      


梱包企業とともに業界の未来に向けたコラボレーション(共同)を推進します

西日本梱包工業組合(WPA)は、1969年、当時の高度経済成長を支えた産業活動に梱包業もあったとの認識に基づき、経済環境の急激な変化に伴う梱包業界の正しい発展を促すべく発足いたしました。

以来、業界の結束はもちろんのこと、梱包技術の向上、最新情報の収集とその提供、各加入企業の経営の安定・合理化等への支援、等々の活動を展開しております。

梱包技術向上のための指導・教育

梱包に関する様々な知識を高めていただくべく、講習会・セミナー・見学などを随時開催し、実業務にお役立ていただいております。

また、梱包管理士養成を目的とする指導・教育の一環として 「梱包管理士技術認定講座」 を二年に一度の割合で開催し、加入企業従業員の資格取得を全面的に支援しています。

さらに、直接梱包作業を従事する方々に向けた資格制度として、職業訓練法に基づいた 「工業包装技能士」 の技能検定について、各都道府県に協力を行うほか、 「梱包実務必携手帳」 をはじめとする出版業務を行っています。

情報/資料の収集・提供、相互親睦

将来需要動向、同業者の活動状況、新製品・新技術に関する知識といった一連の情報・資料や、関係省庁との交流によって得られる燻蒸問題などの最新情報、経営や梱包技術、価格に関する情報などを適宜、当サイトの専用ページ、また「組合月報」で配信しております。

そのほか、視察・研修も実施、相互親睦を深めるためのレクリエーション、旅行会、親睦会なども開催しています。

企業経営の安定・合理化、共同経済事業

各加入企業の体質改善による生産性向上を目指し、品質・規格の統一、原価引き下げ、能率の向上といった経営合理化に向けた諸施策を進めています。
また、組合独自の受託貨物損害保険プランにご加入いただけます。

調査・研究・コンサルティング

実情アンケートに基づく加入企業の経営状況調査などを行い、現状把握を進めています。






お問い合わせ| 当サイトをお気に入りに追加 |